Skip to content

ビーアップは副作用がある?正しい使い方

プエラリアの女性ホルモンに対する影響

ビーアップには、プエラリアという成分が豊富に含まれています。プエラリアには大豆に含まれることで有名な、イソフラボンという成分が存在しますが、このイソフラボンが副作用の原因を作り出すきっかけになります。
イソフラボンは、女性ホルモンとよく似た性質があり、身体に取り入れることによって、女性ホルモンを活発にするなどの効果が得られるようになっています。バストアップを目指すには、女性ホルモンの働きが欠かせませんが、あまりにも大量に取りすぎることで、ホルモンバランスが乱れてしまい、生理がこなかったり、不正出血を起こすなどの副作用が生じる場合があります。
プエラリアに含まれるイソフラボンは、大豆の40倍とされており、女性らしさを引き上げる効果があると、世界的にも知られています。しかし、この豊富な量が人によっては体調を崩す原因にもなりますので、注意が必要です。
また、ビーアップは浸透力を高めたり、すぐに効果が実感できるように工夫されたプエラリアが含まれていますので、女性ホルモンがより影響を受けやすい可能性があります。

ブログで結果が出るビーアップの続け方

副作用を避けるには正しい使い方を厳守する

体調を崩す可能性があるなら、ビーアップは危険で使用してはならないものだと考えられがちですが、この商品自体は薬ではなく、健康食品に属するサプリメントですので、そこまでの心配をする必要はありません。
但し、効果が高い商品であるため、思いがけない副作用を防ぐためにも、正しい使い方を厳守することが重要です。1日の摂取量は2粒までと、公式でも推奨しています。必ずこの量を守るようにしましょう。大量に摂取すれば、すぐに理想的な身体を手に入れられるものではありませんので、のんびりと気長に少しずつ効果を実感していくのが、正しい使い方です。
また、女性ホルモンに似た作用のある成分を含むことから、生理中や妊娠中、授乳中の女性は摂取を控えるようにしましょう。

口コミが変化の切っ掛けになるビーアップ

成分の影響でホルモンバランスが乱れてしまい、身体の機能が狂ってしまう心配があります。
生理中や妊娠中、授乳中ではない時でも、摂取を続けていて肌荒れが起きやすくなったなどの身体の変化が見られた時には、摂取を控えるのが無難です。
ビーアップは1日2粒の摂取ですので、これを1日1粒に調整するなどすると、身体に合った摂取の仕方ができる場合があります。

ビーアップとオイルでバストアップ

また、毎日ではなく、日数をあけて摂取するなどの工夫を凝らすのもおすすめです。